元かんもく少女は考える。

場面緘黙症漫画中心にオリジナル漫画や絵など

かんもく少女が~の書籍版、「かんもくって何なの!?しゃべれない日々を脱け出た私」ついに発売です!よろしくお願いいたします!→http://amzn.to/2r6m9i3

かんもく少女~おかげさまで書籍化決定いたしました!!ありがとうございます…!らせんゆむさんに応援イラストまでいただいてしまった…!!!!!  ↑らせんゆむさんの「私はかんもくガール」詳細はもうしばらくお待ちください。書籍はより様々な方に読んで頂く事も考慮し、腐女 ...

最終話は書籍版とは変更している部分も多い為、非公開にせず残しておきます。よろしkれば書籍版と比べてみてください。描き始めて変化した事・気付いた事。一年以上の間ありがとうございました!もっともっと場面緘黙症についての知識が広まりますように!!描き始めてから ...

続きは電子書籍化にともない非公開とさせていただきます。今まで読んで下さった方ありがとうございました!もしよろしければ書籍の方もよろしくお願いいたします。ついに場面緘黙症を知り、そして自分の本当の心の声も知った。※ちなみに爆発部分は本当は全部心の声だったの ...

蛍さんや他の同人作家さんとの出会いと自分の変化部分は電子書籍化にともない非公開とさせていただきます。今まで読んで下さった方ありがとうございました!もしよろしければ書籍の方もよろしくお願いいたします。二次創作とはいえ絵や漫画って自分の分身みたいな所もあって ...

9話は書籍化にあたって変更部分が多いので(書籍版はBLについての部分を「同人活動」という括りに色々描き直しています。)非公開にせず載せておきます。よろしければ書籍版と比べてみてくださいね。「救われた」というよりは自分から「救われに行った」のかもしれない。これ ...

※今さらかもしれませんが、胸糞系のお話なのでお気をつけ下さい。続き~新入社員編は電子書籍化にともない非公開とさせていただきます。今まで読んで下さった方ありがとうございました!もしよろしければ書籍の方もよろしくお願いいたします。この頃になると場面緘黙症その ...

7話の続きは電子書籍化にともない非公開とさせていただきます。今まで読んで下さった方ありがとうございました!もしよろしければ書籍の方もよろしくお願いいたします。―少しずつ話せるようになったけど、現実は「良かったね!めでたしめでたし!」では終わらない。 書 ...

転校や成長に伴う場面緘黙の悪化と思わぬ特技。小学校卒業~中学卒業部分は電子書籍化にともない非公開とさせていただきます。今まで読んで下さった方ありがとうございました!もしよろしければ書籍の方もよろしくお願いいたします。 この漫画を描きながらも尚、「そうは言っ ...

※なるべく場面緘黙に内容は絞ろうと考えていますが、家庭内の問題にも触れていますのでご注意ください。場面緘黙状態で過ごした日々。書籍化しました!WEBに載せている「かんもく少女が~」を再構成・加筆修正し、描き下ろし&日本緘黙研究会会長による解説も加えています ...

※水木しげる先生の追悼で描いた漫画です。 今思い出しても泣けてくる。居場所のなかったかんもく少女は妖怪達をなぜか仲間のように感じていたのでした。そして水木先生の生き方は、「それでもいいんだよ」と言ってくれているようで、ずっと心の支えになっています。にほん ...

今回は漫画について補足と頂いた反応についてお返事です。描きながら新たに考える事や描きたい事もどんどん増えていっているので、また機会があれば番外編も更新できればなあと思います。書籍化しました!WEBに載せている「かんもく少女が~」を再構成・加筆修正し、描き下 ...

※場面緘黙症の他に「毒親」「機能不全家族」といった家庭内の問題についての子供目線の内容がメインです。了承のうえご覧ください。今回までが第一章的な感じです。次回からは時系列にバーっと場面緘黙状態で過ごした日々とその後で同人活動と場面緘黙の克服を描いていく感じに ...

場面緘黙症の根本にあるのは「不安」である。今回は場面緘黙症のあれこれについて簡単な説明でした。現在では場面緘黙症は大人になってからも発症すると言われていますが、私自身の発症が幼児期だったので、そちらをメインにしています。個人的には不安障害という括りよりも、 ...

こうして話さなくなっていった。※自分の経験をもとに描いていますが、人物の名前や細かい部分は漫画用に変えてあります。書籍化しました!WEBに載せている「かんもく少女が~」を再構成・加筆修正し、描き下ろし&日本緘黙研究会会長による解説も加えています。よろしくお ...

「話さない」じゃなくて「話せない」だった。二十数年間自分自身に違和感を感じていたものの正体が「場面緘黙症」だったと知り描く事にしました。幼児期200人に一人が発症するとも言われているのに、あまり知られていないこの症状。知らないだけで実際心当たりある方はたくさんい ...

このページのトップヘ